気になる挨拶まわりや業者選びについて!

引越相談所!

お得な引越し業者を選ぶコツ

男女

1つでも多くの引越し業者の見積りを比較する

お得な引越し業者を選ぶときには、多くの業者から見積りを出してもらうことです。見積りは引越し費用の目安になるため、様々な会社を比較することで、一番お得な業者を選ぶことが可能です。また、他でも見積りを出していると業者に伝えると同業者でも強壮が生まれ、通常よりも安い金額で依頼することもできるようになります。

地域に密着した引越し業者

大手引っ越し業者でも依頼することもお得なサービスを受けることもありますが、地域密着型の業者も、対応の良さや細かい地域の情報も聞くことができるのでオススメです。探す方法としては引っ越し業者の口コミ情報や「神戸の引っ越しならおまかせ!」などの宣伝を出している業者をネットや雑誌などで調べる方法があります。今から新生活が始まるのに、初っ端からトラブル続きでは困ります。なので、引っ越し地域の情報をしっかり把握している業者に依頼するとスムーズな引っ越しができるでしょう。

営業マンの対応で判断1

上記で紹介した地域密着型の業者を選ぶポイントに追記すると営業マンの対応も選ぶ方法の1つになります。サービスの質は営業マンで変わって活きます。そのため、対応が雑であれば引っ越し担当の方の信用も失ってしまいます。最初の引っ越し依頼の入り口は営業マンです。担当者の対応が良かったら任せたいと感じることでしょう。人柄も選ぶポイントになるのでフィーリングも大切にしてください。

繁忙期を避けて引越しする時期を調整する

引っ越し業者にも繁忙期が存在します。一年通して忙しい引越し業者ですが、特に2月~4月が依頼数が増える時期になります。新社会人のために一人暮らしを始めた方、転勤で家族で引っ越しなど様々な理由が重なるのです。そういう時期に引っ越し依頼をするのはお得ではありません。その時期は繁忙期ということもあって、稼ぎ時です。なので他社比較をしても大きく金額が下がることもないです。しかし、引っ越し時期が繁忙期と重なる場合は諦めるのではなく、各社見積りを比較することを忘れずに行なってください。少しでも金額を抑える努力をしましょう。

お得な「帰り便」の利用!

業者はトラックで引っ越し先と今の住まいを行き来します。例えば、神戸から名古屋まで荷物を運ぶとします。新居が名古屋なら帰りのトラックは空っぽです。もし、アナタが名古屋から引越し先である神戸に移動する場合、業者の帰りに荷物をついでに神戸まで運んでくれたらどうでしょう。すごく効率がよいですよね。コレを引っ越し業者は「帰り便」と言います。もし引っ越し先と帰り便の道程が同じなら、利用した方が得です。わざわざトラック1台をチャーターすることもなく、ついでにおねがいするだけで格安になるのです。しかし、対応していないところもあるので、依頼するときは必ず業者に確認することを忘れないでください。

業者は安さだけではダメ!

ここまでお得情報を説明しましたが、安さだけで選ぶのは絶対にやめてください。見積りで他社と比較して、かなり安いとそこに依頼したくなると思いますが、追加料金やスタッフの人員不足などで時間通りに作業が追われなかったなどのトラブルになるかもしれません。そのため、費用とサービス内容をしっかり比較してえらんでください。

引越し業者とのトラブルには要注意!よくあると思う事例集

大切な荷物の紛失や破損事故

引っ越しトラブルで多いのが荷物の紛失や破損です。家具を傷つけられたといい補償して欲しいという方もすくなくありません。アナタの代わりに重い荷物を運ぶことが仕事ですが、どうしても人がやる作業です。そういったトラブルは正直付きものです。傷付いたらそのまま放置ではなく、依頼する時に、損害保険に加入している引っ越し業者なのか確認してください。万が一のことがあっても、その保険で補償することも可能です。ただ、殆どの保険期間が約3ヶ月のため、過ぎると補償対象外になります。引っ越し完了したら、破損部分がないか確認しましょう。

見積と違い、高い料金を請求された

このトラブルも多く発生しています。流石に悪徳業者が水増し請求したなんて理由ではありません。引っ越しはタンスや洗濯機以外にも、ペットや絵画などの特殊な運送が必要なケースがあるため、それらを運ぶための特別な方法があるのです。そのため、見積りよりも金額がアップすることがあります。こういったトラブルを未然に防ぐには、依頼するときに、ちゃんと業者に希望を伝えて相談することが一番防ぐ方法になります。

荷物がトラックに積みきれなかった

引っ越しをする際、各社でプランが異なります。そのプランでもトラックに関しては要注意です。トラックの荷台に積める荷物の量によってプランが変わります。少ないと少ない金額、多いとプランの最大料金です。しかし、積めきれなかった荷物があったらどうするのでしょうか。それは自分たちで運ぶしかありません。別に軽い手荷物程度であれば、特に問題がありません。しかし大きなタンスや洗濯機だと運ぶのに大変困ります。そういったトラブルがないように業者をしっかり打ち合わせをしましょう。

キャンセル料を請求された

キャンセル料金でのトラブルも少なくありせん。引っ越し期間の変更やキャンセルによって発生することがあります。トラブルとは言え、引っ越しには標準約款というものがあります。それにそっている対応であれば業者は悪くありません。しかし、そんな説明を聞いていなかった、約款のことを教えてくれなかったとなると業者にも責任はあります。なので、こういったトラブルは起きてからじゃ遅いです。必ず依頼する時には引っ越しの約款を確認してください。約款は自分を守るための約束事と思ってください。

無料ダンボール使用した業者から引取料金を請求された

嬉しいサービスとして無料でダンボールを利用できるというサービスがあります。そりゃ喜んでサービスを受けることでしょう。しかし、いざ利用するとダンボールは無料でしたが、大量に置いて行かれ引取料金を請求されるケースが、残念ですがあるのです。無料と言われ2つ返事で「ハイ」ではなく、本当に無料なのか、絶対にお金が掛からないのかを確認しておきましょう。 

挨拶まわりの基本情報

ダンボール

引っ越しの挨拶をする範囲とマナー

引っ越しをしたら必ず考えないといけないのが挨拶まわりです。しかし、挨拶する範囲について、わからないという悩みを抱えている方は全国にたくさんいます。特に家族での引っ越しする場合は、周りに迷惑をかけるかもしれないという挨拶を忘れないでください。その挨拶に基本について紹介しましょう。

READ MORE
広告募集中